エアコン 運搬 取り付け

エアコンを運搬して取り付けできる業者のおすすめ

引越し 一括見積もり

引越し 相場

引越し 格安

引越し 安い

引越し 比較

 

 

引越しのオプションとエアコンの移設

 

引越し オプション

 

引越し料金は、人件費と輸送費とオプション代との合計で成り立っています。
ではこの引っ越し業者が行っているオプションにはどんなものがあるのでしょうか?

 

代表的なオプションには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

この中でも依頼が多いのが「エアコンの取り付け・取り外し」です。
これらを自分でやろうと思ってもできませんし、電気屋を手配してやってもらうのも面倒なのです。

 

しかし引越し業者にオプションでエアコンの移設を依頼しておけば、専門の業者が来てやってくれます。
自分で手配する手間が省けますし、料金も自分で依頼するのとさほど変わりません。

 

引越し エアコン

 

見積もりはもちろん無料、簡単で便利ですので、ぜひご活用ください!

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越し費用を安くする条件

 

引越し 安い

 

引越しには予約の多い日と少ない日があります。
当然予約の多い日は割引が少なく、予約の少ない日は割引が多くされます。

 

引越し費用を安くしたいなら、予約の少ない日を狙いましょう。
それはズバリ平日です。

 

引越しの予約は土日祝日、月末・月初め・そして大安が多めになります。
仕事を休まずに引越ししたい、家賃を2カ所分払いたくない、縁起の良い日に引越ししたいなど、理由は様々です。

 

逆に平日や仏滅は予約が少ないため、引越し料金は割引されやすく、安くなる傾向にあります。
こういう日が狙い目です。

 

時間でいうと午前中は人気があるので高めです。
料金的に言えば午後からの引越しが良いです。

 

しかし午後からの引越しは、前の引越しが長引いたり、渋滞で予定通りの時間からスタート出来ないことが多々あります。
そのリスクの分、午後便は割引されることがあるので時間に余裕がある方にはオススメです。

 

またこちらからは時間を指定しないフリー便も割引があるのでオススメです。

 

 

家電の電源周波数とは

 

引越し 電源周波数

 

日本では電源周波数が50ヘルツのところと60ヘルツのところがあるのを知っていますか?

 

そして電源周波数が変わることで、1そのまま使える家電・2使えるが性能が変わる家電・3そのままでは使えない家電に分けることが出来ます。

 

1.周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使える家電(電熱や電波を利用する家電)
テレビ、ブルーレイレコーダ、DVD レコーダー、ビデオデッキ、ラジオ、パソコン、オーブン、トースター、エアコン、掃除機、電気ストーブ、電気こたつ、電気毛布、LED電球など

 

2.周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使えるが、性能が変わるもの(モーターを使用した家電、モーターの毎分回転数が変わるため)
冷蔵庫、洗濯機、空気清浄機、扇風機、加湿器、掃除機、ジューサー、換気扇
※インバータを内蔵しているものは、インバータを経由して電力が供給されるために電源周波数による性能の変化はありません。

 

3.そのまま使えない家電
電子レンジ、蛍光灯器具、水銀灯、洗濯機、乾燥機、テープレコーダーやステレオの一部、電気時計など
※周波数に対応していない時は、部品の交換や機器の調整が必要となります。

 

不思議な話ですよね。

 

ちなみに静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりを境にして、東側は50ヘルツ、西側は60ヘルツの電気が送られています。

 

こんなことになったのは、明治時代に東日本ではドイツ製の発電機を輸入して、西日本ではアメリカ製の発電機を輸入したからなのだそうです。
しかも統一されることもなく、その時の影響が未だに続いているというのですから、驚きですね。

 

ですから引越しなどでこの境界線を超えると、家電が動かない場合があります。
しかし家電そのものが壊れたわけではありません。

 

電気メーカーでは、どちらの電源周波数でも使える家電の開発など努力をしています。

 

 

粗大ごみの処分とエアコンの処理

 

引越し 粗大ごみ エアコン

 

引越しのチャンスなんて転勤族でもない限りなかなかありません。
このチャンスを生かしていらない家具を断捨離しましょう。

 

家具は大きいので引越し費用がかさむ原因となります。
新居に運んでみて、やっぱりいらなくなったから捨てようというのは費用面でも時間面でも勿体ない話です。

 

しかし粗大ごみは普段のゴミカレンダーで回収されるものでもなく、いつでも好きなタイミングで捨てられるものでもありません。

 

市区町村によって回収方法は違いますが、おそらく自分で持っていくか、回収業者に有料で来てもらうかのどちらかです。

 

回収に来てもらいたいなら、まずクリーンセンターやリサイクルセンターなどに電話で連絡をして引き取りに来てもらう日を予約します。
次にコンビニに行き、家具の大きさによって決められた額面の「粗大ごみシール」を買ってシールを貼り、約束の場所に時間以内に置いておけば引き取りに来てくれます。

 

自分で持って行く場合もまずは電話で予約をして、決められた日時にリサイクルセンターに持ち込みます。
この場合は粗大ごみシールを貼る必要はありません。

 

詳しくはお住いの市区町村の役場のホームページで確認してくださいね。
注意すべきことは、粗大ごみとして捨てることのできない家電の存在です。

 

エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは家電リサイクル法により粗大ごみ扱いではないため、家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。

 

ネットで購入した場合や遠くで買った場合は、お住いの自治体にご相談ください。

 

 

引越しとキャンセル料

 

引越し キャンセル

 

引越しを依頼していたけれど、事情が変わって「キャンセルしなければ・・・」ということがあるかもしれません。
引越し業者をキャンセルしたら、キャンセル料などはいつからかかるのか気になるところですね。

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
要約すると、以下の通りです。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できる。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・この他に、すでに実施したり着手したサービスについては費用を請求できる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということ。

 

いかがですか?キャンセル料は引越し業者が好きなだけ請求して良いわけではないのです。

 

最初からキャンセルするつもりの方はいないと思いますが、事情ができてキャンセルせざる得ない場合は早めに引越し業者に連絡して解約手続きを行ってくださいね。

 

引越し業者もキャンセルされた時間帯に他の方を案内できるわけですから、早めにキャンセルしてもらったほうが被害が少ないのです。

 

 

悪天候と引越し

 

引越し 悪天候

 

最近の日本では夏場は大型の台風、冬場は記録的な大雪で大荒れすることが多くなった気がします。
地球規模の温暖化による影響なのでしょうか?

 

強風で道路が寸断したり、ドカ雪で何日も道路が大渋滞したりするニュースを毎年のように耳にするようになりました。
引越し当日にもしこれらの「自然災害」が当たったら、どうすればいいのでしょう?

 

梅雨や秋雨の時期は長雨になることが多いので、引越し業者は雨の引越しも慣れています。
家財はカバーをかけたり、家の中に防水シートを敷いたり、靴下の替えを多めに持っていくなどの対策をするそうです。

 

しかし大型台風や記録的大雪の時は全く別で、スタッフの命にかかわる問題なので中止や延期もありえます。
引越しの1週間前くらいから週間天気予報で台風や大雪の情報を見ておきましょう。

 

もし引越し当日に台風の進路予想が現住所や新居を直撃する予定が出たら、すぐに引越し業者に連絡して対応を協議しましょう。
時間の変更、延期、中止、様子を見て決行など対応は様々ですが、いずれにしてもどちらかの意見では決められません。

 

引越しの前日と当日のキャンセルにはキャンセル料がかかることもあるので、余裕を持って連絡を入れておきましょう。